接待のマナー

接待のマナー

接待にはマナーがあります。
そしてそのマナーは、ビジネスマナーに含まれますから、
営業職はもちろん、他の職種であっても覚えておいて損はないでしょう。
接待のマナーは初級編から上級編までいろいろありますが、
今回は超入門編の接待マナーを紹介したいと思います。

 

まずマナーの前に、接待の意義について考えてみましょう。
接待を行う意義は、接待の相手方と良好な人間関係を築く事であり、
仕事の場では聞けない人生に役立つ話を聞ける事です。
では、そんな接待の意義が達成するためには、接待マナーは欠かせないと言えるでしょう。

 

居酒屋選びは、接待の相手方の好みに基づいて選ぶ事が鉄則です。
そして、じっくり話が出来るように、個室があるところを選びましょう。

 

接待に選んだ居酒屋は、決してサイトの口コミ情報だけを鵜呑みにしてはいけません。
事前に自分で下見をし、当日の予行練習をしておきましょう。

 

接待は、飲み会ではありません。
お酒を飲みすぎて接待を失敗してしまった、
と翌日二日酔いで頭を抱える事がないように、お酒の量は控えましょう。
お酒の量を控え、相手方のお酒や食事の進み具合に気を配り、注文をしていきましょう。

 

料理が美味しい事、お酒が美味しい事も重要ですが、
相手方が楽しい時間を過ごせるように、話題が途切れないように提供していきましょう。
自分の話をするのではなく、相手の話を聞く、聞き上手になる事が重要です。
話題の提供としては、相手の趣味など事前にリサーチし、
その話についていけるように事前に情報収集しておくといいでしょう。

 

そして接待のマナーは残念ながら、1日で身につくものではありません。
普段気遣いをしない人間が、接待の日だけ気遣い上手になれるはずがありませんよね。
つまり日頃から気遣いをし、
相手が何を求めているのか思いやりを持って接する事で、接待上手になれるというわけです。