接待のタブー

接待のタブー

居酒屋で接待を行う際に、絶対にしてはいけない事は、お酒を飲まない事と、お酒を飲む事です。
全く真逆の事で矛盾していると思うかもしれませんが、実際にはそうなのです。
もちろん、下戸で一滴もお酒が飲めないという場合は、体質的な問題なので仕方がありません。
ですが、こちら側が一滴も飲まずに、
相手方にだけお酒を飲んでもらうのでは、相手方も気を遣ってしまうでしょう。
その場合はお酒が飲める相手も、一緒に接待に連れて行く事が鉄則だと言えるでしょう。

 

またお酒を飲む事というのは、適量であれば問題はありません。
ですが、あくまで接待をしているわけです。
相手方なら好きだけお酒を飲んでもらい、
万が一相手方が酔っぱらっても、自宅まできっちり送り届ける事が出来るぐらいに、
冷静な判断が出来なければいけません。

 

ですから、相手が気を遣わないぐらいの量のお酒を嗜み、
けれど接待なので気遣いが出来るぐらい飲まないようにしましょう。
間違っても、こちら側が酔っぱらってしまい、相手方に迷惑をかけるという事はタブーだと考えて下さい。
接待では、自分が楽しむ場ではなく、相手に楽しんでもらう場だという事を忘れないで下さい。

 

そして自分がお酒を飲みたい場合は、接待以外の場でいくらでも、好きなだけ飲めばいいのです。
またお酒の席の無礼講なんて、接待相手には通用しません。
ぶっちゃけトークで会社の不平や、ゴシップなど、
話せば話すだけ信用を失ってしまうので気を付けましょう。
口が軽くなってしまうのも、お酒の飲み過ぎが原因だと言えるでしょう。

 

相手に好印象を持ってもらうために、行った接待で、悪印象を与えてしまわないように注意して下さい。

 

接待に使いやすいお店は萬屋!http://kichijoji-akari.com/